見落とされがちだけど、腑に落ちない Ericsson 証明書問題 – Softbank 通信障害

12/6 木曜日は何気に慌ただしい日でした。渋谷の会社オフィスで iPhone Xs Max をいじっていて、画面の違和感に気がついてふと見ると左上に「圏外」の文字が。

Continue reading

一般参加のツワモノに混じって入選! – 第30回東京フォト・サロン

第30回東京フォト・サロンで入選をいただきました。先生を悩ませたいわくつきの 1枚と、一般参加の個性的な作品が上位でしたという話。
Continue reading

水着撮影会で W金賞! – 全東京写真連盟

全東京写真連盟のポートレート撮影会で、金賞をダブルで受賞しました。どっちかというと苦手な水着撮影で今回の勝因とは。
Continue reading

Interop Tokyo 2018 ぶらり歩きレポート! [VLOG]

幕張メッセで行われたインターネットテクノロジーの祭典 Interop Tokyo 2018 の会場をてくてく歩いてみました。
Continue reading

全東京写真連盟の表彰式! 賞品開封の儀 (2017年下半期) [VLOG]

全東京写真連盟の写真コンテストの表彰式に行って、表彰状と副賞をいただいてきたので開封の儀です。
Continue reading

iPhone 2台体制! iPhone Xs Max + 8 Plus [VLOG]

iPhone X から iPhone Xs Max と 8 Plus の 2台体制に変えました。とりあえず第一印象ということで、サイズ感、重さ感から。

iPhone Xs Max 自身で箱を撮ってみるテスト

iPhone Xs Max を買ったのでとりあえずカメラテストシリーズ。本体画像は SONY α7R III で撮り、Gold の色が際立つようにレタッチしてみました。

iPhone Xs Max Gold + iPhone X + iPhone 8 Plus RED

みんな、Gold いいよ Gold。

後ろにいろいろ並んでいますが、もともと持っている iPhone X と、諸般の事情により 2台体制にするべくあわせて調達した iPhone 8 Plus RED です 🙂 赤もなかなか映えますね。

iPhone Xs Max で撮影。撮って出しで、サムネだけ Lightroom で縮小しています。

iPhone Xs Max の箱: iPhone Xs Max で撮影

(画像をクリックしたものがオリジナルサイズの撮って出し画像)

明らかに iPhone Xs Max の方がまず白がキレイ。ホワイトバランスをいい具合に調整してきていますね。そして色域が広くなっていたり、白から黒にいたるまでの階調再現が豊かになっているように見えます。

これが iPhone X だとこうなります。

iPhone Xs Max の箱: iPhone X で撮影

これ単体で見せられると決して悪くはないのですが、iPhone Xs Max の画像と比べるとコントラストがまず浅い。白もキレイじゃないですね。暗い室内で撮りましたねという感じになってしまいます。

X の写真で感動していた 1年前が嘘のようです。

さらに iPhone 8 Plus だとこう。

iPhone Xs Max の箱: iPhone 8 Plus で撮影

この写真だと iPhone X より健闘しているように見えますね。明るく白い写真に近づいていますが、iPhone Xs Max の方がやはりきれいですね。

Xs Max の画像を見ると、人間の目から見て自然に鮮やかに見えるように自動的に修正されているのは確かで、こりゃーフルサイズ一眼の立場が…とでも書けばキャッチーなんでしょうが、実は SONY α7RIII で撮影した商品画像 + 私が後のレタッチしたものが一番キレイでした という 🙂

CAPA 9月号「こちら側がホンネ顔」

CAPA 9月号に載った、ちょっと趣向のちがう 1枚。
Continue reading

緊張の一瞬! フォトコン公開審査で金賞 – 全東京写真連盟

全東京写真連盟の公開審査で金賞! 会員が見守る中で、実際に作品がセレクトされていく様子をカメラに収めてきました。

ちなみに公開で銀賞の経験はありますが、金賞は初です。

Continue reading

古民家での作品が CAPA 8月号に掲載。これは SONY じゃないよ!

写真カメラ雑誌 CAPA で、またもや受賞しました! なぜか撮影したカメラが SONY のα7 旧型機というウワサが。
Continue reading

« Older posts

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑