前記事: LASIK: レーシック後の美容院、散髪、洗髪のリスク

手術前にこれをやっておけば良かった! とあとで反省することから、予想通りだったものまで、レーシック手術を受ける前の準備として考えるべきことを 10 個、挙げてみます。

暗いところで仕事している人は手術を受けない

レーシックは、晴れた昼の屋外で最大の威力を発揮します。つまり明るいところでは手術をしないで裸眼 1.0 の目となんら変わりませんが、暗いところに行くとレーザーの照射径と目の瞳孔径の関係により、性能が低下することがあります。また、ハロ、グレア、スターバーストなどの影響を受けやすくなります。時間が経てば軽減されたり、頭のほうで慣れますが、例えば術後数日ですぐに仕事で車を運転するぐらいであれば、最初から受けない方が安全だと思います。

最近メガネの度が合わなくなった人は待ちましょう

レーシックは、将来の近視の進行を止めることはできません。いま真性近視になっている人は、もともと近視になりやすい遺伝因子と生活環境だったと言えます。20代の方が一般に 30-40代より度が進みやすいため、まず 20代の人はレーシックを少し待った方がいい気がします。そんなこと言っても遊びたい年なんですけどね 🙂 30代40代でも、確率は減るものの、長時間の VDT 作業など生活環境を改めない限り「近視の戻り」は起こります。

目安として、メガネ / コンタクトの度を変えた、見えづらくなったばかり、という人は、近視が強いなら強いなりにあまり変動せず、安定するまでレーシックを受けないことをお勧めします。

仕事や勉強が忙しくないときを選びましょう

時期選びでもっとも重要なポイントです。レーシックは、手術当日からいきなり 1.0 程度見えてしまうため油断しがちですが、実際には目のコンディションが安定するまで時間がかかります。激しいスポーツは 4週間後から可能、視力の安定に半年間1 はかかると言われています。 また再手術ができる時期も考えると 1年間はいろいろな意味で、文字通り「目に見えない」不安定な時期があると考えた方が良いです。

コンタクトを外しておく期間が必要です

レーシックの術前検査も、手術本番も、一定期間コンタクトを外す必要があります。理由はコンタクトを装用していると角膜のカーブがレンズに合わせて変わってしまうからで、変わったまま手術を受けてしまうと、カーブが自然な状態に復元したとき、プラン通りの視力が出ないリスクがあります。眼科、クリニックによってこの日数は違いますが、品川近視クリニックの例でソフトコンタクト 1週間、ハードコンタクト 2週間です。

花粉症の時期は避けましょう

花粉症にかかっている人は、一度血液検査を受けて、自分が何にアレルギーをもっているのか確認して、その花粉が飛んでいる時期を避けた方がいいです (例: スギ、ヒノキ)。

手術直後に目がかゆくなってうっかり強くこすってしまうとフラップがずれるおそれがあります。手術後に処方されるフルオロメトロンという点眼薬は、ステロイド系の薬で花粉症の症状が強いときにも使われますから、症状は抑えられる (実際私はかゆくなりませんでした) が、最初から避けるのが賢明です。

美容院、散髪に行っておきましょう

大きな落とし穴です。詳しくは以下をどうぞ。

LASIK: レーシック後の美容院、散髪、洗髪のリスク

夜型人間の人は生活リズムを直しましょう

冒頭で書いたように、明るいところがレーシックの本領発揮できる場所です。PC ディスプレイ (VDT) を使う作業でも30分-1時間ごとに目を休めた方が良いわけですが、遠くの緑を見ようにも夜では照明しか見えません。 😕 私も夜 4時や 6時に寝ることも日常茶飯事の超夜型人間でしたが、レーシック後は目の都合に合わせて、すっかり早寝早起きになりました。

レーシックの手術は朝 9時からでしたが、直前の数日で生活リズムを直すのはかなり難しく、睡眠不足のまま手術を受ける羽目になりました。できたら手術予約後、徐々に就寝時間を調節してから臨むのがベストでしょう。

術前検査と手術日は 1週間空けるのがベスト

総合的な準備期間として 1週間開けるのがベストです。上記のような生活リズムの調整や、髪のケアなどちょっとした準備をしておいた方が良いからです。他にも、術前検査と手術日の 2回の検査結果により、目のコンディションが安定しているかどうかが確認されます。さらに機械が正確でコンタクトをしていなくても、目の屈折度数は少しずつ変動するので、日数が短すぎると、平均的な屈折度数などを知ることができず、パーフェクトなセッティングで手術が受けられないというのが理由として挙げられます。

手術後の注意事項を、家の人と確認しましょう

案外、術後のケアで危険なのが、同居している相手です。日数にもよりますが、例えば翌日までは、目には接触も水分も粉末も全部 NG です。普段されても何でもないことが、レーシック直後はトラブルの原因になるので、家の人には「目にさわらないで」だけでなく、やらかしてしまいそうな行為を確認した方が良いでしょう。

大人がやりそうなこと … 近くでタバコを吸う、化粧類のパウダーを飛ばす、水滴を飛ばす、洗濯物が顔に当たる、近くでテレビをつける、酒を勧める 🙂

小さい子供がやりそうなこと … 顔に手で触る、顔に乗る、顔に物を押しつける、物を投げてくる、紙飛行機を飛ばす 🙂

特に子供がいる場合は、室内であっても保護メガネをかけた方が良いかもしれません。

元にはもどせない手術だということを知っておきましょう

安定してきているし、失明の例はないとはいえ、再生しないと言われている角膜実質層を削るのがレーシックです。さらにエビレーシックでは、ボーマン膜という膜を永久に失ってしまい、その副作用は不明です。また思ったように視力が出なかった場合、角膜に厚みが残っていれば再手術は可能ですが、これも削ったものを埋めるのではなく、さらに削ってカーブを変えることになります。

何となくよく調べないでレーシックを受けるのが最大のリスクですね。

それでも目が良くなりたいと思うのなら、レーシックはかなり高い確率で、クリアな視界を取り戻してくれると思います。 🙂

続き: LASIK: 術後のケア用に老眼鏡をもう一つ買ってみた


  1. この時期は病院、クリニックにもよるので要確認 []