WordPress のアップグレードが万が一失敗したときに備えてバックアップは必要です。ここでは、アップグレード手順とは独立して、SQL DB と各種設定ファイルのバックアップ方法だけまとめておきます。

前提条件

  • CentOS 5.2 が動作していること
  • WordPress 2.7 日本語版が動作していること
  • phpMyAdmin がインストールされていること
  • Web ブラウザ側は Windows Vista 日本語版 SP1 + IE7

SQL DB のバックアップを作成する

Codex の Upgrading WordPress Extended と同様ですが、気づいた点を補足しています。

Codex では SQL DB のバックアップを取れと書いていますが、アップグレード手順の中で読み込むわけではないので、他のバックアップ手段があるなら、それで代替しても可です。(e.g. Virtual Server, Hyper-V or VMware の仮想ディスクごとバックアップを取ったなど。)

WordPress の SQL データベースのバックアップを取るため、phpMyAdmin にログオンします。
左側に WordPress のデータベース名が表示されているのでクリックします。

[エクスポート] をクリックします。

エクスポートのオプション選択です。

  • [DROP TABLE / DROP VIEW を追加] にチェック
  • [ファイルに保存する] にチェック
  • 圧縮: [なし] または [gzip 形式] を選択

したうえで、一番右下の [実行] をクリックすると .sql ファイルを保存できます。

そんなに投稿が多くない場合は圧縮: [なし] が安全確実、多い場合は [gzip 形式] で保存します。
([zip 形式] では、エクスポートできても、インポートに失敗することがあるようです)

エクスポートしたファイルが正常に読めることを、インポートしてみて確認します。
他に環境がないなら同じサーバにインポートするしかありませんが、できたら WordPress インストールしたての中身が空のテスト環境を用意して、すべての記事が読めることを確認した方がよいでしょう。

うまくインポートできれば、次のように表示されます。

さらに、実際にブログをリロードしてみて、正しく表示されることを確認します。

SQL DB 以外のバックアップ

現在インストールしてある wordpress 関連のファイル群を元に戻せるようにバックアップしておきます。特に以下のカスタマイズしたファイルや、アップロードした画像などは、消えるとヒサンなのでいつでも元に戻せるようにしておきます。

  • wp-config.php
  • wp-content/ (ただし wp-content/cache1 , wp-content/plugins/widgets フォルダは消去する)
  • .htaccess
  • robots.txt
  • wp-images/ (無ければないで OK)
  • wp-includes/languages/ (無ければないで OK)

  1. 案外消し忘れます []