iPhone 4 を予約後、予想外に早く入手できましたが、問題はケース。iPhone 4 ケースプログラムではカラーバリエーションが入手できない件と、ではアップルストアに直接行ってみたらどうなるかについて。

iPhone 4 ケースプログラムは選べる色が限定されている

iPhone 4 はいわゆるデスグリップ問題が知られています。本体側面の金属部分がアンテナの役割を果たしているのですが、特に左下の絶縁部分を隠すように触ると、3G の受信感度が大きく低下します。

そのため、アップルの施策として iPhone 4 ケースプログラムがあり、無償で iPhone 4 用ケースを 1個受け取ることができます1

だったら、タダで貰えばいいじゃん。知らねえの? と言われそうですが、このケースプログラム…..実は黒、グレー、透明しか選べないのです。

ケース代を負担するのはアップル側のため、カラーバリエーションを絞って、ボリュームディスカウントでケース代を安く挙げたいのと、ケースプログラムに参加していないメーカーもあるので、サードパーテイ保護の意味合いと両方、といったところでしょうか。

アップル純正品の Apple iPhone 4 Bumper は、実は白黒含めて計 6色のカラーバリエーションがあります。

そのせいで iPhone 4 にはパステルカラーの Bumper がついているもの! というイメージがあり、やはり

俺の中の iPhone 4 はカラバリケースを手に入れないと完結しないぜ!

ということで、ケース探しの旅が始まるのでした。

アップルストアで Bumper カラバリは入手できるか

ヤフオクでたまに出品されていることもありますが、定価 1,980円に対して 4,000円以上の落札価格がついています。いやそこまでしなくても、と思っていると、iPhone 4 ケースプログラムの公式サイトに、以下のようなくだりが。

iPhone 4 Bumper の返金を受け取る方法。

直営店のApple Storeで購入されたお客様

直営店のApple Storeでクレジットカードまたは現金で購入された場合は、レシートをお持ちいただければ、直営店のApple Storeにて返金の手続きをさせていただきます。お手数ですがご来店ください。

上記で書いているのは、あくまで返金を受け取る方法です。テクニカルライティング的に、もう一言書き足してほしい気がしますが。でも、アップルストアか…もしかすると、純正品の Bumper ぐらい置いてあるかもしれないな…と思いご入店。

ストア店員: 「すみません、Bumper はアップルストアでは置いていないんですよ。他社製品でしたら取り揃えているんですが」

終了。

というわけで、そのまま秋葉原ヨドバシカメラに直行し、あるケースを買ってきました。

つづく。


  1. 期間限定 []