iPhone 5 の液晶にドット抜け / ゴミが混入していた Part2


ヨドバシカメラで iPhone 5 の開通直後に、液晶の「裏」にドット抜けかゴミが付着していた、というお話の続きです。10分ほど電話でもどって来なかった店員が開口一番、私に告げたのは…。

出てきたのは 1枚の名刺

お待たせしました、と若干申し訳なさそうに 1枚の名刺をくれた店員。

1週間以内にご来店いただけるようでしたら、1回だけ交換が可能です。ただし、交換するまでに本体を傷つけると交換は不可になりますので、そこだけご注意ください」

その名刺は、ヨドバシカメラのものではなく、とある au 代理店の担当者名が書かれていました。

仁礼:「ヨドバシカメラでは開通後は対応できないということですかね?」
店員:「このお時間ですし…こちらの方法で対応していただければと思います。」

行ってみた→在庫ありませんでした→2週間待ちです、では困る 👿 ので、明日確実に指定の店に来店することを告げ、入荷品のなかから、iPhone 5 白 64GB の取り置きを約束してもらいました。

au 代理店でも面取り問題は健在

さて翌朝 10時。

名刺の主ではありませんが、au 代理店に話は通っていたらしく、すんなり交換品が。店員が外箱裏面のバーコードリーダーにスキャナをあててピッとやりつつ、今後の登録手続きが分からないらしく、電話をかけた先の相手と何やら手順を確認している傍らで、本体のチェックをうながされます。

ところが、よりによってここでも面取り部分にキズが。表面左側の斜面でした。

見せたところ、ああこれは明らかにキズですね、とお取替えに。

本日 2台目、昨日も入れると通算 3台目が出てきました。

念入りに確認しますが、ここにも面取り部分の一部にキズが。が、目立たない場所なので、毎日使う液晶画面の、アイコンの真上に素敵なドット抜けがあるよりマシだろう、ということでこれで手打ちに。

AppleCare の移行にさらに 2時間

しかしそのまま店頭で待たされますが、いっこうに手続きが終了しません。

店員:「iPhone 5 自体の開通手続きは終了したんですが、AppleCare の移行作業に手間取っていまして…」

AppleCare というのは、アップルが提供する故障時の保証サービスで、保証対象となるiPhoneの購入日から30日間以内であれば加入することができます。さらに au の場合は紛失保証オプションが追加でき、これにも昨日の端末購入時に加入していました。

店員の説明によると、

  • AppleCare は保証対象の端末にあるシリアルナンバー (移動機製造番号) と紐付けて管理されている。
  • すでに開通してしまった端末の場合、AppleCare も引越しが必要つまり新しい端末の製造番号を登録し直す必要がある。
  • ところが、昨日開通した際に「ドット抜け or ゴミあり」端末は、なぜかデータベース上に正しく登録されていなかったらしく、この引越し終了手続きが正常に終了できなくて困っている。
  • さらに、代替品にまでキズがあると思わなかったので、いったんは登録し直し作業を始めてしまい、都合 AppleCare 的には 2回の引越し作業が必要なため余計に手間取っている。

ということのようです。いや…品質に不満があって来客しているのですから、その客が OK 出すまで待ってくれれば良かった話。

10時の来店から待たされること 2時間。ようやく手続きが終了しました。

新品故障品返却書に戦いの歴史が

これがその「新品故障品返却書」。故障して返却する方と、新しく受け取る端末の移動機製造番号が記載されています。

交換されるのはあくまで本体だけで、付属品と箱は交換できないルールとのこと。

仁礼:「でもそれじゃ、新しいこの端末が将来 AppleCare を使うハメになったとき、箱を見ても製造番号が食い違っていて話がややこしくなりますよね。だったら箱も交換した方が問題起きないんじゃないですか??」

(ここでも奥に確認しに行くこと数分)

店員:「確認を取りましたが、やはり交換できるのは本体だけとのことでして…、ご了承ください。証明のため、この故障品返却書を保管しておいていただくようお願いします」

新品故障品返却書には、

「故障事由: LCD 破損」
「詳細症状: ガラスにホコリのようなもの」
とあり、2つの移動機製造番号が書かれていました。故障品が 15ケタ。新品が 14ケタ。この違いも気になりますね :mrgreen:

8万円の商品とは思えない品質管理

この au 版 iPhone 5 64GB は一括払いで 82,320円です。月々割を 24回にわたって受ければ実質的には 61,680円が相殺されるとはいえ、本体の価格 8万円の商品を売るなら、8万円に見合った品質管理をし、高級感を出してこそ顧客に満足してもらえるもの。

1000円のアルミ製おもちゃを買ってるわけじゃないんです。

SIM が刺さっていない「ようこそ」画面がグレーの模様なのは、意図してドット抜けが分かりにくいドットパターンを選んでいるんじゃないかとさえ思えますね。

私の場合、店頭で開通品を受け取って 5分程度で気づいたから良かったようなものの、アップルストア通販なら、どのような対応になっていたのかは興味深いところです。

購入日に直前の飲み会の席で「Nire.Com 期待してるよー」と言われながら、いつもの「開封の儀」ブログを書いていないのは、実はこんなプチ人柱祭りがあったからでした。

最終的に受け取った端末はドット抜けもなく、普通に使えています。


1 Comment

  1. 8万円というのは国民年金1か月分よりも高い。

    お母さんのパート1か月分くらいになる。

    それなのに、そういう品質なのですか?

Leave a Reply

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑