Nire.Com

2016 年 8 月 31 日

「君の名は。」で新海誠作品の青やら赤やら観てきました

前記事: '「空飛ぶ広報室」に濃厚牛乳味を期待したら、そうでもなかった件'

TOHO シネマズ新宿で、新海誠の映画「君の名は。」を観てきたので、夏休みの最後に感想など。
妙に古い作品が出てくるけど、まあ理由を聞いちゃいけないんだよ。

ご注意: 本編の核心はズバリ書いていませんが、やんわり書かざるを得ない部分もあるので、先入観を入れたくない人は映画を先にどうぞ。 🙂

CM に釣られて観に行きました

CM ではさんざん宣伝されているので、RADWIMPS の主題歌をバックに「あの男 / 女はー!」のセリフがすっかり刷り込まれている人もいると思います。

仁礼家ではポケモンgo人気が沈静化したあと、「シン・ゴジラ」は QA チームを伴って IMAX シアターに観に行っていて「そうだ、映画館に行こう」ブームがにわかに到来しています。

「君の名は。」も QA エンジニアを若干 1名連れて行けと言われて、「いやいや、この作品は多分一人でひたるはず」と単独行動で行ってきました。

「ほしのこえ」から期待していたもの

新海誠監督の作品は、2002年に「ほしのこえ」を観てインパクトがあったのを覚えています。

監督から美術、編集まで一人で作り上げたというキャッチーさでまず最初に釣られるわけですが、観てみて空と光沢の描写の美しさに惹かれました。ヒロ・ヤマガタの絵画が連想されましたが、ああいうハイコントラスト彩度高めな感じではなく、空の青と夕焼けの赤、白い飛行機雲の軌跡、といった 3D 的に広がりのある映像ですね。

あとはSF 要素を採り入れた遠距離恋愛にとにかく惹かれました。「トップをねらえ!」というロボット美少女系アニメが 1989年の作品で、若干それに通じるものがあったかなと。

その後「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」まで観て、私が期待している新海誠カラーリングと (配合比はちょっとずつ違いますが) SF 要素がほどよく散りばめられているのに満足していましたが、個人的に「星を追う子ども」「言の葉の庭」は作風が変わった気がして、観なくなっていました。

いつもの新海フォーマットは健在、超展開もあります

さて「君の名は。」も、そういう新海誠作品の構成要素を踏襲して作られた作品ではあると思います。

他の映画との共通点だと思ったこと。

  • 青赤の独特のカラーリングと光の描写
  • 遠距離恋愛
  • 鉄道
  • 新宿の描写がリアル
  • 飛騨の描写はジブリ
  • 雨が降っていて叙情的
  • あとヒロインの声優の傾向ってだいたい似てるよね

そうそう、ジブリなんですよね。この作品では主人公の男子高校生、瀧 (たき) くんが新宿周辺、ヒロイン三葉が飛騨の架空の街に住んでいる設定ですが、飛騨の方の緑豊かな自然の描写がジブリ感が色濃く出ています。田舎の神主糸守家の娘として生まれて、神社のしきたりや何もない田舎に嫌気がさして東京に住みたいと思っていると、本当に男女が日によって入れ替わるというお話。

前半は CM にある男女が時々入れ替わってドタバタシーン。大林宣彦の映画「転校生」的な男女入れ替わりモノで、青春の甘酸っぱい思い出路線で最後まで行くのかなと思いきや、途中である衝撃のトンデモ事実が判明して、後半だんだんと SF 要素ベースで、男女それぞれに現実に抗うちょっと重い展開になっていきます。

いま明かされる衝撃の事実度でいえば、「機動警察パトレイバー the Movie」で全国のレイバーが暴走する原因がアレとアレでしたナンダッテー! 感を、SF と怪異現象の中間的なところに味付けしたなと思いました。

「秒速5センチメートル」では、土壇場で山崎マサヨシの主題歌「One more time, One more chance」が流れて、プロモーションビデオ化して一気に畳みかけてきます。今回は RADWIMPS の挿入歌が4曲もあって、CM で有名な「前前前世」はその入れ替わり日常生活シーンに使われますが、後半の重要なシーンでも別の曲とのシンクロ率が非常に高く、盛り上げてくれます。

長いのと多いのは気になる

構成面で気になる点としては、起承転結の「転」のところで曲に載せて相当な気合が入っている反面、転のあと、男女がそれぞれに運命に逆らう葛藤シーンが引っ張りすぎなところですかね。10分は短縮できると思われ、TV版として放送される暁には相当切り詰められるのではと思います。

ついでに都内の描写はとてもリアルなのですが、ドコモタワー1 をはじめとして、ブランドやランドマークの描写が多くて映画内広告的な要素が多く、実際いくつかはスタッフロールの「協力」セクションに出てこない、サブマリン的なスポンサーもいるのかもですが、いかんせん量が多く目が釣られる印象ですね。

フォトグラファーからみたあの映像美

(次のページへ)

続き: '原作リスペクトなのに脚本がソコじゃない「ゴースト・イン・ザ・シェル」実写版'

  1. NTTドコモ代々木ビル []

次へ 1 2

コメントをどうぞ