フレッツ光ネクスト (NGN) の開始地域とサービスメニューは限られている

前々から NTT がサービスを開始する NGN ベースのサービス (フレッツ光ネクスト) に興味津々だったのですが、今日の発表によると、3月末からのサービス開始時にはとても限られたエリアのみになるようですね。

>※3以下の当社ビルの収容区域大手町FS、TTC有明、新宿、新淀橋、牛込、弦巻、品川、白金(以上、東京都)、戸塚、横須賀別館(以上、神奈川県)、幕張(千葉県)、浦和常盤(埼玉県)ビル
http://www.ntt-east.co.jp/release/0802/pdf/080227a.pdf

…なるほど。NTT 幕張ビルのそばに住んでおけば良かったか 🙂

それはともかく、開始時のサービスメニューは、高音質なひかり電話と、高画質なテレビ電話だけ…? という印象を受けてしまいますが、地デジの再送信などは、アナログからの移行を考えると、光ファイバーでまかなえるメリットはあると思うので、ぜひ課題をクリアして早く開始してもらいたいものです。

また本来 NGN の構想には携帯電話と固定電話の統合を目指している FMC (Fixed Mobile Convergence) も含まれるはずなのですが、NTT がどのようにプランしているのかも知りたいですね。今のままでは「インフラ、電話、放送」しかないように見えます。

現行のフレッツドットネット + OCN シアターも一時期導入していたことがありますが、その頃 gyao が無料でニッチな映像を大量にそろえていたのが魅力的で、「このうえなぜ月額払って映画をみる必要が…?」と思いまったく使用しませんでした。

またフレッツドットネットは IPv6 マルチキャストを利用したサービスで、詳細は忘れましたが、現行の nire.com ネットワークの IPv4 な LAN と切り離して、OCN シアターのためだけにマルチキャストなネットワークを用意しなければいけない面倒さがありましたね。

NGNによる地上デジタルIP再送信,3月に始まっても一部課題を積み残し
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080125/292045/


1 Comment

  1. NTTの「NGN」やこれから始まる「地デジ」は、日本版エシュロン(通信傍受システム)の可能性あり

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑