LASIK: エキシマレーザー比較 – 照射時間、追尾装置の「目ブレ補正」


前記事: LASIK: エキシマレーザー比較 – 照射面積、ハロ グレアとフライングスポット

エキシマレーザーの所要時間には、機種によって違いがあります。ここでは、錦糸眼科、品川クリニック、神奈川クリニックそれぞれの上位メニューで使用される機種を比較してみます。

錦糸眼科 品川クリニック 神奈川クリニック
機種 ボシュロム テクノラス 217Z100
Bausch & Lomb TECHNOLAS217Z
ウェーブライト アレグレット ウェーブ アイキュー ブルーライン
WaveLight ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line
ウェーブライト コンチェルト
WaveLight ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line
照射時間 23秒 5-10秒 ((品川近視クリニックに電話で質問しました。2008/4)) 約5秒
条件 -6D、100%矯正領域6mm、つまり強度近視の場合 ? 軽度近視の場合

まず、フェアな比較ではないことをお断りしておきます。近視の強度や照射領域の広さによって、時間は変わってくるからです。品川クリニックで受けたレーシッカーズ一味の一人いわく、この人の度数は不明ながら確かに 5-10秒だったそうで、錦糸眼科がもっとも照射時間が遅く、神奈川クリニックが速い可能性が高いです。

ここから先は調べていませんが、気になっていることのメモです。

  • 照射時間が速ければ同じ体積を削るために強力なレーザー照射を行う必要がある。強力すぎるレーザーが角膜に与える影響は考慮されているのだろうか
  • 手術中に眼がたとえば 2mm 動いたときのリスクは、5-10秒間と 26秒とどちらが大きいのだろう? ((短い方が安全に決まっているという声もありそうですが、単位時間により広い面積をレーザー照射してしまっているわけで、被害もそれだけ広がりそうな…。気のせいでしょうか。))

エキシマレーザーには{目ブレ補正」がついている!

さて、人間の目にじっとしていろというのは無理な注文なので、いろいろな工夫があります。
ボシュロムも、ウェーブライトも採用しているのが追尾装置 (eye-tracking system) です。

エキシマレーザーの照射中、眼の動きをカメラが監視していて、ズレた方向にレーザーがついていってくれるというものです。

メカ好きな人には血が騒ぐ話でしょう。私も騒ぎました 😕 冗談はともかく、そのような装置がついているとレーシッカーズから聞いて、信頼性を見直してレーシックを受ける気になったといっても過言ではありません。

ただ、カメラの手ブレ補正を ON にしても激しく揺れるとブレるように、エキシマレーザーにも追尾できる限界というものがあります。追尾スピードの指標のひとつ、「追尾装置駆動回数」は

  • ボシュロム テクノラス 217Z では、240回/秒
  • アレグレット ウェーブでは、200回/秒

となっていますが、ウェーブライト社のアレグレットには、ドイツの公式サイトを見ると 3つのバリエーション ((2008/4/22 現在)) があり、

  • アレグレット ウェーブ (ALLEGRETTO WAVE)
  • アイキュー (Eye-Q)
  • コンチェルト (CONCERTO)

3院で別々の機種を採用していて、すべてが同じスペックかどうかは分かりません。

ほかに、ボシュロム テクノラス 217Z にあってアレグレット ウェーブにない長所として、

  • 緊張すると目 (虹彩) が回転してしまうことがあるため、その検出機能
  • レーザー照射位置の確認 ((おそらく赤いライトではなく、緑のライトのことを言っているのだと思われる。医師はモニタごしに見るだけでなく、患者の術野を直接みて今レーザーが当たっている位置をチェックできる))

追尾装置だけに頼らない方法とは…

ここまでやっても、やっぱりレーザー照射時に、無駄に心理的なプレッシャーがかかってしまい頭を傾けたり、目をそらしてしまうと、トラッキングしきれなくなります。そこで…

なんと、錦糸眼科では角膜固定具という独自の器具を使い、角膜のブレを抑えます。

言われてみればこれ以上確実な方法は無いですね。そんなことでズレが押さえられるなら、他院でも大いにやってよと言いたくなりますが、他では聞いたことがありません。角膜固定具は、エキシマレーザー装置の一部として用意されているのではなく、執刀医が器具を手でキープしているらしく、押さえすぎて眼球を傷つけず、エキシマレーザーの照射を妨げず、でも不用意な目の動きを抑制しなければならない…おそらく微妙なテクニックを要するのだと思います。

同眼科に行けば、説明ビデオでその模様を見せてくれます。

これに関しては、逆転の発想と技術が素晴らしいと思いました。

次回は、術後に渡されるものの比較です。

続き: LASIK: 錦糸眼科、品川、神奈川クリニック比較 – 配布物


1 Comment

  1. 自分が、これどうなんだろう?と思っていた部分がすっきりわかり、また、施術の様子もことこまかに記述してくださり、初診を受ける決意ができました。ありがとうございました。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑