….タイトルが左右逆じゃないの? と思う人もいるかもしれませんが、これでいいのです。:-)

静止画でも動画でも残したいが、何台も持ち歩きたくない

今年は、公私ともどもイベントの秋で、貴重な飛行機やヘリコプターによる航空ショウ、WordCamp Tokyo 2008 のようなプレゼンセッション、ミニコンサートといった機会がありました。

やはりこういった動きのあるイベントは、静止画で残しつつ動画でも撮っておきたくなります。

実際、東京ゲームショウ 2008 のアイレムブースで行われたミニコンサートでは、熱心なファンなのか、三脚つきのビデオカメラで流し撮りしつつ、要所は手持ちのデジタル一眼レフで写真を撮っている人が見受けられました。(一人ではなく、数人というのがスゴいですが)

ただ、これも有利な撮影場所が確保できて、被写体があまり動かないときは良いのですが、飛んでいる飛行機を撮る場合は 2種類のカメラを手持ちで取っ替え引っ替え、というハメに陥ります。

私の場合は、持ち歩くガジェットの点数は最小限に1 、しかし機能はこってりと色々できることを目指していて、たとえば au 携帯の W54S + Bluetooth レシーバー DRC-BT15P はすでにその境地に達しています。

というわけで、カメラも同様に、1台で静止画も動画もいいバランスでという路線で、デジカメか、ビデオカメラをここしばらく探していました。

ムービーの撮れるデジカメか

IXY Digital 900IS

最近のコンパクトデジカメには、おまけとして動画を記録する機能がついてくるのが当たり前です。しかしうちにあるキャノン IXY Digital 900IS では 640×480 だったり、諸般の事情お下がりで転がっている PENTAX Optio S50 にいたっては 320×240 ピクセルと、お寒い限りの動画スペックです。

カジュアルに撮影して動画共有サイトにアップする用途を考えると、必要なピクセル数は

  • Youtube … 320×240 だが、裏技で 448×336 もしくは 480×360 に変更可能
  • ニコニコ動画 … 800×600 以内

高画質なサイトとしては、Stage6 は無くなってしまいましたが、さらに Microsoft の Soapbox という高画質な動画共有サービスもあることを考えると、640×480 程度では今ひとつ戦えません。

また一般的にデジカメ動画は画質が悪く、おまけ的なものが多いようですね。デジカメは動画撮影中にズームができないものが多い、というのも意外な事実。IXY Digital 900IS はこの点をクリアしている希な機種と言えます。

逆に IXY Digital 900IS 特有の欠点として、日光が差している状態で撮影すると動画にスミアが写るという症状もあるようです。

デジカメ路線で探すなら、ピクセル数は 800×600 以上で、ズームが効かないといったおかしな地雷がない機種を選びたいところです。

続き: ムービーの撮れる一眼レフか、静止画もキレイなビデオカメラか Part2 (ソニー DCR-PC3 編)


  1. どこが減ったんだとモノが飛んできそうですが、いや腰の両側にモノを吊らなくなっただけ進歩… []