WordCamp Yokohama 2010 Ustream + 録画機材 … カメラからキャプチャデバイスまで


5月29日に東京都市大学で WordPress 日本最大のイベント、WordCamp Yokohama 2010 が行われますが、今回 2つあるホールのうちサブホールからの Ustream 中継および録画を担当することになりました。本番投入予定の機材をご紹介。

前提条件

  • 準備 2週間! 使えるのは土日のみ
  • できるだけ追加で金かけない
  • 1人で Ustream + 録画 + 手が空いたら Twitter 質問受付できる機材

コンセプト

  • 画質はそこそこ
  • 音はちょっと手厚く

ということで、本番投入予定の機材、一部をご紹介。

MacBook (MC207J/A)

まず中継用 PC, MacBook MC207J/A です。

Core 2 Duo 2.26GHz, メモリ 4GB 増量なのでそこそこ行けるはずです。

で、Mac 用の Ustream 送信ソフト Ustream Producer を使う…と言いたいところですが、今回はキャプチャデバイスに GV-USB を使う関係で、見た目は Mac でも、BootCamp で Windows XP にして使うという、超トロイの木馬、深くは聞くな空気読め構成です。

HDR-TG1

そしてカメラ。

ソニー HDR-TG1 というデジタルハイビジョンカメラです。幅 32mm x 奥行き 63mm x 高さ 119mm と非常にコンパクトで、このサイズで AVCHD 形式で録画できて最高なのですが、弱点はコンパクトすぎて音声入力端子がないこと。

今回、録画は会場スピーカーからの音を拾い、Ustream 用には別途ライン入力をもらうことにします。

三脚 SLIK グランドマスター

重量実に 3.8kg、縦横 1.5m 四方を取るごつい三脚です。フリマで ?,000円で購入。爆安ですが、実に安定しています。

I-O DATA GV-USB

アナログビデオキャプチャデバイスです。Ustream には HD / SD ビットレート送信の 2種類がありますが、今回は SD です。なんで HD 画質のカメラ持ってて SD? という話はまたの機会に。

このデバイス、4,000円程度で買えて比較的安価なのが良いところで、よく Ustream 関連のブログで目にします。

しかし Ustream Producer との組み合わせは実は最悪で、送信中に 5分程度で突然音声だけ無音になるというトラブルがあり、原因は、送出側の GV-USB デバイス側がサンプリング周波数 48kHz 出力なのに対して、Ustream Producer は 44.1kHz だからだろうと言われています。それだけではないような気がしますが。

とにかく、音声はこれでは使えませんので、別の方法が必要になります。

手っ取り早いのは MacBook (MC207J/A) のオーディオ入出力共用端子に突っ込む方法ですが、BootCamp + Windows XP の構成では、こいつをオーディオ入力として使う設定が見つかりませんでした。

Roland cakewalk UA-1G

そこで音声キャプチャデバイスを購入。

Roland cakewalk UA-1G といい、PC とオーディオ機器を接続し、音を取り込むための音声キャプチャデバイスです。価格は 11,000円で、ビデオキャプチャデバイス GV-USB よりも高額だったりします :mrgreen:

こいつの利点は、まず入力端子が多彩なこと。

  • RCA ピンジャック ← ステレオライン入力
  • 3.5 ミニプラグ ← コンデンサーマイク 入力
  • 標準プラグ ← ギター / MIC 入力

そして、音声サンプリング周波数を 4種類から選べるのが最大の利点です。(44.1kHz, 32kHz, 48kHz, 96kHz) これで Ustream Producer 44.1kHz 問題は見事に解決。ちなみに周波数の変更は、底面にディップスイッチがあり、そこで切り替えます。

この機種にしたのは、裏技があるからですが、それはまだ内緒。

ミニプラグ延長ケーブル

いきなりパーツが細かくなりますが、ぶっちゃけ WordPress メンバーへの周知を兼ねているので 🙂

最悪、会場からのライン入力がもらえなかった場合に、壇上に Ustream 用マイクを置こうと画策しているので、MacBook からの壇上までの 10m を延長するケーブルです。

次回、書ける余裕があったら、試してみたけどボツったデバイスの話など。

つづく。


2 Comments

  1. 興味ある記事です。
    同様にMacbookでUSTERAM配信したいと思うのですが、
    やはりUSTERAM PRODUCERやGV-USBとの相性の悪さで、
    てこずっています。
    音声キャプチャを別立てにして、成功したんでしょうか、、、
    気になります。。。

  2. やはり相性はアレですよね。 🙂

    記事の通り、PC 自身の音声入力端子か、USB 外付けの音声キャプチャデバイス、しかないと思います。

Leave a Reply

© 2017 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑