押上駅周辺で行われた「写真撮影 初心者勉強会」の続きです。東京スカイツリーを撮っているはずが、主旨が変わってきて…の巻。iPad で撮った写真をその場で品評会する時の落とし穴なども。スカイツリーの夜景もあります。

気を抜いたら、やられる…!

スカイツリーを撮っている人たち。

ぼーっとしていると被写体になります。 🙂 ちなみに箱根であじさい撮影の時も、小田急の電車をバックに撮影合戦が繰り広げられたのでした。

だんだんエスカレートしてきて、集合写真を撮ろうということになり、こんなことに。

東京ソラマチのエスカレーター。シャッタースピードを落として逆流し撮り。ブツ撮りにもみんな気合を入れるので、一箇所で止まると 10分以上集団が動かないのも、ありがちですね。

さりげない脚のタトゥーシールにも、カメラがパシャパシャと。主旨がだんだん変わってきています。

懇親会に欠かせない iPad…でも読めないメモリカードも

半数以上のメンバーは wine cafe MoMoWA に戻ってきて、タコライスなど食べながら写真の品評会。

メモリカードが SD カードだった方は、仁礼が持ち込んだ iPad に Apple iPad Camera Connection Kit を接続して読み込んでもらい、スライドショーで即席品評会。こういう使い方は iPad なかなか便利です。

ただハプニングもあり。仁礼が持っていた 32GB の SDHC メモリカードは読めるのですが、上位規格である 64GB の SDXC カードは読めませんでした。1

お持ちのカメラは Canon 5D Mark III でしたので、ピクセル数や連射スピードを考えれば、できるだけ容量の大きいカードを買うだろうな、というところですが、今後iPad で写真品評会するときは、SDXC は意外な落とし穴になりそうです。

にしても、やはり主催者の宮崎さんの撮った写真を見せてもらうと、同じルート通っても着眼点とか、見ている角度が面白いですね。画像の解像感も新鮮でした。ああ人のカメラがよく見えるけどそれはウデの違いなんだぜ隣芝状態

帰り際に、スカイツリーのライトアップなど一枚。

三脚を持ってきたは良いのですが、実はカメラヨコ設置にしか対応していないという。タテにも回転できるものを準備したいですね。

マーケティングリサーチも兼ねた撮影会でした

実は密かにデジタル一眼レフカメラの買い替えを検討していて、WPer2 がどんなカメラを使いどんな絵を撮っているのかを知りたかったのですが、Canon 6台 : Nikon 2台でした。他メーカー3 も所有している人がいるのと、被写体に合わせてカメラをチョイスした可能性が無くもないので、一概には言えませんが。

今回も、カメラマンの楽しいフォトウォークでした。


  1. ちなみに Sundisk の Ultra High Speed Class 10 のカード []
  2. WordPress な人たち []
  3. SIGMA + Nikon 使いが 1人、SIGMA + Canon 使いが 1人 []