「わたしを撮って!」銅賞 – 全東京写真連盟 モデル写真コンクール

ゲームの話を書かれても、俺には分からんから写真の話を書け!」
と知人カメラマンに言われ、サボっていた写真ネタを前回から書き始めました。 :mrgreen:

ということで、受賞のタイミングはもっと前ですが 9月受賞分の作品です。

銅賞作品「わたしを撮って!」

わたしを撮って!
Model: しー子, Location: 潮風公園

潮風公園の海に面したエリアで、次に誰を撮影しようかと歩いていたところに見かけ、
「おっこんなところに」
「あっこんにちは〜」
というノリで勢いで撮った 1枚。

審査員の長濱雄三先生のコメントも
「いやー これは若さ、若さ、若さのいい笑顔ですね」
ということで、伝わっているようです :mrgreen:

周囲にカメラマンが私ともう 1人だけしかおらず、「わたしを (もっと) 撮って!」という心の声が聞こえたような気がしたので、例によって 3秒考えてつけたのがこのタイトルです。

海背景の写真はなぜ難しいのか

人物の背景に海、と聞くといかにも絵になりそうですが、結構これが難しい。被写体のモデルと、海との間に大きな明暗差があるからです。人間の目と脳は優秀なので、まとめて適切な明るさの一枚絵として認識しますが、カメラはただ絞り優先オートで撮っても、人が真っ暗になるか、海が真っ白に白トビを起こすのです。

ストロボを使用すると明暗差は縮まりますが、慎重に使わないと入選は望めません。会場で用意されているレフもだいたい 1枚使用で、いい光がきている時、全くレフが効いていない時、強すぎる時、と差が極端です。

今回のものはノーストロボで露出を調節していますが、その分、背景が飛び気味でハイキーな絵にならざるを得ません。もうちょっと海であることを活かした絵にしたい、というのが課題です。

つづく。


2 Comments

  1. 掲載ありがとうございます★

    潮風公園の時、
    思っていたより日差しが強くて、
    大半の写真で半目になってしまったのではないかと実は、終わったあとにものすごくショックを受けていました。

    だから、銅賞になったと聞いたとき
    信じられなくて、まずカメラマンさん誰だろうと思ったら、まさかの3月の浮間公園の時と同じ仁礼さんだと知って、本当に嬉しかったです!!

    ありがとうございます。

    長濱先生のコメントも知れてよかったです。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑