HOTSPOT: 「駅」に強いが、ドコモショップに忘れられている Mzone

NTT コミュニケーションズの HOTSPOT に続いて、NTT ドコモの公衆無線 LAN サービス Mzone の使い勝手について見てみましょう。

NTT ドコモ執行役員を辞めドワンゴ顧問に就任した夏野氏が、自分で買った iPhone 3Gエリアの悪さに驚いて契約したという、いわくつきなサービスです。

FOMA を契約しているかどうかで金額が異なる

NTT ドコモが提供しています。金額は NTT ドコモの FOMA を契約しているかどうかで異なり、

  • FOMA を契約している … 月額 840円 (税込) = mopera U「公衆無線 LAN」コース + moperaU 「スタンダードプラン」
  • FOMA を契約していない (月額) … 1,575円 (税込)
  • FOMA を契約していない (日額) … 525円 (税込)

と 3種類の価格体系があります。私の場合は、制約だらけの NTT ドコモの Windows ケータイに魅力を感じなかったので、Mzone のみ月額契約で 1,575円支払い 2ヶ月間契約してやめました。

東京メトロ駅構内、タリーズコーヒーは HOTSPOT と同様ですが、逆に HOTSPOT が苦手としている、東京メトロ以外の私鉄にもいくらかアクセスポイントが存在するのが、沿線が活動範囲の人にはメリットでしょう。

接続用ユーティリティは使っても使わなくても OK

Mzone に接続するために 4つの方法があります。

接続方法 ユーティリティのインストール IEEE 802.1X 認証 NOTE
かんたんログイン設定 不要 できない
自動ログイン設定 不要 できる
ドコモ コネクションマネージャ 必要 できる
ドコモ公衆無線 LAN ユーティリティプログラム 必要 できる 2008年10月31日に提供終了

IEEE 802.1X に対応しているのは NTT コミュニケーションズの HOTSPOT と同様で、やはりエリア内に入ってからいちいち Web で認証しなくて良いのは非常に便利です。

ユーティリティものが 2種類あり、インストールしないと IEEE 802.1X 認証ができないような気がしますが、実際は Windows Vista / XP は OS 単体の設定だけでも可能です。

私の場合 Eee PC 901-X + ドコモ公衆無線 LAN ユーティリティプログラムの組み合わせで最初使おうとしました。しかし、

  • XP 自身の “MS Wireless Zero Configuration for Windows XP” と競合する
  • ツール自体を D: ドライブにインストールしたとしても、インストール時に C: ドライブの空き容量を消費する。Eee PC 901-X は C: ドライブが 4GB しかないので余計な消費は命取り

ため、早々にインストール前の状態に戻し、「自動ログイン設定」で使うことにしました。

ドコモショップ店頭で忘れ去られている Mzone

ちなみに、ドコモショップで Mzone だけ契約する客はよほどレアだったらしく、某ドコモショップ店頭で

無線 LAN サービスMzone を新規契約しにきました。月額 1,500円のやつです」

といずれかのキーワードで、脳内にインプットされている応対マニュアルに引っかかるように配慮し応対係の方に声をかけたつもりなのですが、いきなり「0件がヒットしました」らしく、

「無線 LAN、でございますか…? はぁエムゾーンですか…少々お待ちください (パタパタパタ)」

と道場破りを見たような顔をされ、しばらく待たされて、店長さん直々に応対していただきました。

解約するときも、携帯電話を契約していない利用者の場合、お客様管理番号がないと解約できないらしく、契約時の紙を紛失した人には一体どうやって対応するのだろうと思ってしまいました。


1 Comment

  1. こんにちは。はじめまして。
    様々な無線LANサービスをわかりやすくまとめてくださっていて、大変参考になりました。
    メトロの駅で使えるのは結構便利そうなのですが、考えてみたら、駅というのは長居する場所じゃないですものね・・・・。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑