実は明日 9月24日、WordBench 東京も犠牲にしてシュノーケリングに行こうと画策していた仁礼なわけですが、その結末について。

Bimini Snorkeling

写真はイメージです

プールつながり、魅惑のシュノーケリングが俺を呼ぶ

フィットネスクラブ、キッツ幕張店で泳いでいたら、プールサイドに丁寧にビニール袋に入ったカタログを発見。静岡県沼津市大瀬崎 (西伊豆) へのシュノーケリングツアーらしく。

海でコースロープまで泳ぐあたりまでで良ければ以前にも体験済みですが、シュノーケリングとダイビングは経験がありません。説明を聞いてみると、水深もあまり深くないところでやるらしく、いわゆる

「エメラルドグリーンの海にシュノーケルつけて泡出しながら潜って、熱帯魚と一緒にたわむる魅惑の海!」

系のイメージとはちょっと違うようです。

3000m からのスカイダイビング、アグレッシブ・インラインスケートといったエクストリームスポーツなら、漏れなくこう、やってみるぜ熱いぜ的な仁礼でしたが、シュノーケリング初心者ならこんなもんかー。ということで予約。

みずしな孝之氏の「いい電子」で、未知の体験におもむく時の「まいっか~」的な心境です。

当日スケジュールは朝 6:00 にキッツ前を出発し、45分のシュノーケリングタイムを 2回繰り返し、あとはすべて移動! という、美味しいカニミソは少ししかありませんよ的なスケジュールで、朝早いので、WordBench 東京も行くのを止めて気合いを入れ、コンディションを整えます。

WNN が刻む、死へのカウントダウン

んが。

箱根あじさい園ツアーで天気予報を大ハズシした WNN によりますと、9月24日の伊豆の天気は 1週間前から表示でした。最高気温も、たしか 5日前ぐらいまでは 23度表示で、それでも十分寒いよなあーなどと話していたのですが、あれよあれよという間に 19度18度と低下。

魅惑の海がどんどんしぼんでいきます。 :mrgreen:

天候も気温も低いんですが、世の中コレでもシュノーケリングできるもんなんでしょうか、率直に主催者に連絡してみました。

主催: 「そうですねー。ご心配でしたら、ラッシュガードのようなものをお持ちでしたら、ウェットスーツの下に着るとだいぶ違いますね-」

Nire: 「いや、初心者なんで持ってないですねぇ」

ここでしばらく電話の向こうで相談したうえで、店のほうで特別に防寒具を貸してもらうなどの措置をとってくれることにはなりました。1

そして物語はクライマックスへ!

が、先ほど別の電話がかかってきて、やはり天候不順のため、開催者都合で中止にします、との言いにくそうな連絡が。

ということで Nire.Com には珍しく、ボツになったイベントのお話でした。合掌。

支払った料金は全額返金されるとのことで、キャンセル料払って自己都合で止めなくて無傷! でしたが、実は旅行に持っていこうと、3,000円でとあるグッズを購入してしまったんだよな。

そのネタはまた後日。


  1. カッパのようなものらしいが、なんという固有名詞なのかは忘れた 🙂 []