ニコン D800 を手放して、D800E に買い換えてしまいました。最初どうして D800 にしたのか、なんで D800E に乗り換えたのか、そして「最安」価格でヨドバシカメラで買うことはできるのかって話。

Nikon D800E: AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

解像感の高い D800E じゃなく D800 が正義だと思っていた

D800 と D800E の違いはローパスフィルターが有効かどうかの違いだけです。ローパスフィルターというのは、規則的な縞模様を撮影したときに現れるモアレ (干渉縞) や偽色を軽減するため、屈折を使って光を散らすはたらきがあります。モアレや偽色のリスクを承知でローパスフィルターを無効にしてしまえば、光は分散しなくなるわけで解像感は上がります。

最近はこのローパスフィルターを無効 or 無くしたカメラがよく出回るようになってきました。

D800 に決める際にも相当色々な作例を見ましたが、もともとビデオカメラ派の仁礼としては、動画「も」撮る予定だったので、モアレや偽色が出まくるのは避けたい、というのが決め手でした。

D800 / D800E で支払う新品価格差は 5万円。写真撮影の識者に聞いても、5万円払って D800E にするほどの価値はない、その金でレンズに投資したほうがいいよ、という意見が複数。

しかし D800E に傾いていくのであった

しかし実際に D800 / D800E が両方出回るようになってみると、なんだモアレ / 偽色なんてほとんど出ないじゃねえか、という評判が優勢になり、ニコンの予想を超えて D800E の方が売れたというわけ。写真 (静止画) もやり始めるとなかなか奥が深く、動画も両方極めている暇はありません。

大三元ナノクリレンズの 2本も手元にあるとなると、カメラ脳の思考パターンとしては究極の解像感がやはり欲しいと思うようになります。

そして極めつけは、ニコンカレッジの D800 講座に出席したところ、D800E 持ちのほうが多くてこの言葉に形容しがたいアウェー感なんであります。

無印 D800 は遠からず埋没する

そうこうしている間に D600 が発表され、D800 / D800E と比較して画素数は 2400万画素に落としたが、高感度特性は D800E 並み、850g1 と軽量になったことで人気を博し、

  • 究極の解像感を求めるなら D800E
  • フットワークの軽さを求めるなら D600

中間にあたる D800 の立ち位置が見えにくくなってきました。

すると懸念されるのは、D800E よりも早いスピードでの D800 の価値低下です。もともとは価格差が 5万だったものが、もっと差が広がるかもしれません。カメラ関連の大イベント CP+ 2013 で、ニコン自身や、他メーカーがローパスフィルターレス商品を出しまくり百花繚乱イヤッホゥ状態になれば、消費者の注目も分散されます。そうやって財政の崖ならぬ中古価格の崖がやって来る前に、D800 を中古買取コーナーに売っぱらって D800E を買ってしまえ、と。

俺的ヨドバシカメラ時代の終わり

今日現在のニコン D800E の新品価格最安値は 253,500円です。

10% ポイント還元込で、これとトントンの価格になれば OK か、と思いつつヨドバシカメラに行ってみましたが、なんと店頭価格は 348,000円。値切ってみましたが、328,000円とな。

仁礼「最安値と 7万以上違いますよ?!」
店員「ウチは仕入れが違うので…」とそっけない回答。

ダメだこりゃ、と色々と回っていたところ、最安値以下の価格で店頭販売してくれるお店はちゃあんとありました。ラブリーですよトゥゲザーですよ。品揃えに関してはヨドバシカメラに匹敵する店舗はなかなかありませんが、どこでも売ってるメインストリーム商品をヨドバシで買う時代じゃなかったようです。本当にありがとうヨドバシカメラさん

D800 ユーザがわざわざ新品 – 中古価格の差分 + 5万円支払って D800E 買うなんて、オマエ正気かっ! と思ってる人には、罰として「あの日良かれと思って妥協して買った、2-3ランク目の商品」と、買っちゃって心にひたひたと押し寄せる葛藤について、3分間瞑想されることをオススメします 🙂

というわけで、次回は写りの違いをこってりと…の予定、多分。
つづく。


  1. バッテリー、メモリ込み []