イーモバイルには長期利用者向けの特別料金プランがある


USB データ通信端末 D11LCPocket WiFi (D25HW) と 2回線を契約していますが、D11LC の回線がちょうど 2年を迎えるので、契約解除したところ、特別料金プランを提示されました。長期契約者への施策みたいですが、UQ WiMAX 流出への歯止めになるのでしょうか。

使わなくても放置してしまうイーモバイルの料金システム

現状、私のモバイルアクセスは Pocket WiFi 1台あれば平常時は事足れり、といった状況になっています。

iPad の屋外アクセス用, iPhone 3GS の屋外 + 高速アクセス用、MacBook、Eee PC 901-X 用、といった感じで、セキュリティ問題はありながらも無線 LAN アクセスの需要は増えています。

D11LC … というか正確には D11LC に刺さっている SIM は、同時に Pocket WiFi / D11LC を使う状況が無ければ必要ないのですが、いかんせん 2年縛りがあり、途中で解約すると契約解除料を取られます。

また解除料の設定がズルいことになっていて、契約種別が「新にねん」のケースで

  • 1ヶ月で解除 … 24,000円
  • 2ヶ月で解除 … 23,000円
  • ……….
  • 2年で解除 … 1,000円

と、毎月 1,000円ずつ減っていく仕組み。かつ、私が契約しているスーパーライトデータプランは月額下限が 1,000円で、上限が 4,980円ですから、

「使わないで放置しても、契約解除しても、毎月 1,000円ずつ払う計算には変わりない」

わけです。だったら、使えなくなるより、ヤマハルータ RTX1200 に D11LC 差しといて、光がトラブルで止まったときの予備回線として使うか、とまあ変な気を起こしてイーモバイルの思うツボと。 :mrgreen:

解約しようとしたら、特別料金プランが出てきた

現実は、さすがにバンバン落ちるほどフレッツ光ネクストはヤワくないらしく。出番の無いまま、解除料がゼロとなる 2010年8月がやってきたので、やおらイーモバイルに解約の電話をかけてみました。

解約の意志を告げ、ひとしきり本人確認のやり取りがあったあと、

担当者: 「2年間お使いの長期契約者の方にのみ、お勧めしているプランがあるんですが」

怪しげな勧誘のような感じですが、参考までに聞いてみると、意外に興味深いプランであることが分かりました。

  • 通常は加入することができない料金プラン
  • 月額基本使用料 (下限) は 0円
  • 上限は 4,280円
  • 最初の 3ヶ月間は無料
  • 2年縛り (2010年8月に契約したら 2012年9月が更新月)
  • 2年サイクル途中での契約解除料 9,975円

大きなアドバンテージは、スーパーライトデータプラン / 新にねん、にねん特割よりも単純に安いことです。

料金プラン 月額下限 上限 契約解除料
スーパーライトデータプラン
新にねん
1,000円 4,980円 24,000円~0円
解除月による
スーパーライトデータプラン
にねん特割
280円 4,680円 9,975円
特別料金プラン 0円 4,280円 9,975円

従量制区間のないデジタル2段階料金制

Nire: 「スーパーライトデータプランなどと同じ、2段階料金制なんですか?」
担当者: 「いえ、ちょっと違っていまして、全く使わなければ 0円。少しでも使えば 4,280円かかる、というプランですね。」

いわゆる 2段階料金制は、下限と上限の間になだらかな従量制区間があるものなのですが、

この特別料金プランでは all or nothing. 従量制区間がなく、1パケット目即 4,280円とデジタルな料金な代わりに、スーパーライトデータプランよりも安いと。

D11LC や Pocket WiFi を使うときに、今時ちまちまパケット料を節約するような使い方はしません。2段階料金制にしたところで、iPhone / iPad ではあっという間に上限まで使ってしまうため、別にこのデジタルさは一種の割り切りとして、それで下限上限安くなるんなら好印象。

2年サイクル以外でのタイミングでの契約解除料が 9,975円、というのが気に入りませんが、一ヶ月未使用なら 0円でいいわけですから、永久会員でいるなら余計な違約金は発生しません

解除料が期間に関わらず固定額で、その代わり月額が安いサービスとしては、上記の表のとおり、2010年6月から始まった「にねん特割」がありますが、それと比べても下限上限金額の安さが光ります。

ということで、後から加入した Pocket WiFi 側の契約はスーパーライトデータプラン / 新にねんで上限 4,980円になってしまうので、SIM を引っこ抜いて、D11LC の特別料金プランスペシャル SIM を装着しました。これで、イーモバイル最安月額で使える最強端末のできあがりです。 🙂

UQ WiMAX 流出への歯止めになるか

366MB/日ですぐ帯域制限がかかるイーモバイル自体、すでにバックボーンが飽和し、料金競争も行き止まり感があり、そろそろ UQ WiMAX にでも乗り換えるか、という感じですが、その UQ の完全定額プランが 4,480円です (UQ Flat)。

誰でも加入させると事実上の値下げ、減収になってしまうけれども、2年間おとなしく使ってくれる上客にだけ UQ Flat より 200円安い特別料金プランで、UQ WiMAX への流出を食い止めたい — そんな意図が見え隠れするイーモバイルの料金プランでした。


3 Comments

  1. そんな特別プランなんていうのがあるんですね;
    驚きです。

  2. 今日データカードの解約にいったらこれをすすめられて、かつPocket WiFiがわりにHTC Ariaを新規契約(2契約目)しました(笑)。この場合「スマートプランデータセット」(Webサイトの下のほうです)という扱いになり、通常のスマートプランから1000円引きの月額料金になって更におトクな感じです。

  3. 正確にはデータカードは「データプラン」(2年以上の契約者は未使用月は0円)、Ariaは「スマートプラン」(シンプルにねんで4580円)にして、データカードは一切使用しないと、0円+4580円-1000円=3580円/月になります

Leave a Reply

© 2018 Nire.Com

Theme by Anders NorenUp ↑